加古川合気会連絡所  

加古川合気会の連絡所です。 合気道の話題を中心に心と身体、そして環境をテーマに健康世作りを目的に運営しております。               お問合せ 079-426-9498 西田迄 

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回全国合気道指導者研修会について

第5回全国合気道指導者研修会実施要項
≪国庫補助事業≫

1 趣  旨  日本全国で合気道を指導する中学、高等学校の教員、及び社会体育指導者を対象に、学校教育における合気道の指導法に関する実技と講義を行い、学校における合気道指導の充実に資する。

2 主  催  公益財団法人日本武道館、公益財団法人合気会

3 後  援  スポーツ庁

4 期  間  平成29年12月8日(金)~10日(日)

5 場  所  日本武道館研修センター(千葉県勝浦市沢倉582)
TEL0470-73-2111 FAX0470-73-2819

6 参加資格  (1)中学校及び高等学校の保健体育科教員。
         (2)(公財)合気会傘下の各都道府県合気道連盟が推薦した合気道指導者。
         (3)将来保健体育科教員になる可能性のある大学生。
       ※上記(1)(2)(3)のいずれかの条件を満たした者。

7 募集人数  80名(調整は合気会事務局が行う。)

8 申込先 〒162-0056 東京都新宿区若松町17-18
        公益財団法人合気会 全国指導者研修会係 宛
        ※参加申込者は、別添「参加申込書」に記入の上、郵送にて申し込むこと。

9 締  切 平成29年10月6日(金)    ( 兵庫県への申し込みは、9月24日まで)

10 参加者補助  (1)参加費:無料とする。
(2)交通費:原則として、参加者在住都道府県庁所在地から勝浦までの最も経済的な経路より計算した往復鉄道運賃(千葉県内は最も経済的な経路で計算した実費往復運賃とする。)を補助する。なお、北海道、四国、九州、沖縄については往復航空運賃で計算する。後日、参加者宛に送付する(旅費一覧表)を参照のこと。
        (3)宿泊費:主催者が負担する。

11 所持品  道着、トレーニングウェア、洗面用具、筆記用具、健康保険証、印鑑
        ※合気道未経験者については、トレーニングウェアでの参加を可とする。
          
12 研修計画  別紙「実施内容・日程」により実施し、課程を修了した者には主催者より修了証を授与する。

*詳細については、加古川合気会 西田まで

13 問合せ先  ◎公益財団法人合気会 (担当:日野皓正、飯原宏亨)
          〒162-0056 東京都新宿区若松町17-18    TEL03-3203-9236
          
        ◎公益財団法人 日本武道館 振興部振興課 
          〒102-8321 東京都千代田区北の丸公園2-3  TEL 03-3216-5134
スポンサーサイト

加古川合気会 規約(案)

お気づきの点あれば、文書等でお知らせください。

加古川合気会  規約(案)
第1章 総 則
第1条 名称
本会は「加古川合気会」と称する。
第2条 目的
本会は合気道を通じて心身を鍛練し会員相互の親睦を図り、もって合気道の普及発展と自己及び他者の健全なる生活の形成に寄与することを目的とる。
第3条 組織
本会は加古川市及び近郊に居住、又は勤務する合気道愛好者をもって組
織する。
第4条 所在地(活動場所)
本会は「兵庫県加古川市立武道館」を主たる活動場所とする。 
第5条 事務局 
本会の事務局は代表宅に置く。事務の内容の処理等は、事務局員が分担する。
第6条 関係団体への加盟 
本会は「公益財団法人合気会」関係団体と連携を深め協調を図るものとする。
そして、合気道普及発展のため下記の団体に加盟または、協力する。
ア、合気道兵庫県連盟(兵庫県体育協会)
イ、合気道加古川市連盟(加古川市体育協会)
ウ、神戸せいぶ館
第2章 事 業
第7条 実施事業
本会は第2条の目的達成のため次の事業を行なう。
1 合気道の普及発展に関する事項。
2 合気道の技術向上に関する事項。
3 その他目的達成のための必要各事項。
第3章 役 員(幹事会)
第8条 役員(幹事会)の種類
本会に次の役員を置く。
会  長 1名
道場長  1名
副会長  2名
事務局  2名
会  計 1名
監  事 1名
第9条 役員の決定方法。
会長その他の役員は、幹事会の推薦及び互選で決定する。
第10条 役員の職務
1、 会長は本会を代表し会務を統括する。
2、道場長は道場の運営を統括し、会長不在のときは代行する。
3、副会長は事務局の職務内容を補佐し、会長・道場長不在の時は代行する。
4、事務局員は、諸種の事務を遂行するとともにホームページ等を通じ広報活動を行う。
4、会計は本会の会計事務を担当する。
5、監事は会務の執行状況ならびに会計を監査する。
第11条 任期
役員の任期は2年とする、但し再任は妨げない。
第4章 役員会及び総会
第12条 役員会
本会の役員会は幹事会とする。
1 幹事会は会長が招集する。
第13条 総会
総会は会長が招集する。総会の成立は会員の参加をもって成立する。
第14条 決議
すべての議題は、出席幹事の過半数の同意がなければ決定することができない。
幹事会に出席できないときは、委任状を提出する。
可否同数の場合は会長がこれを決定する。
第5章 入会の手続き
第15条 入会及び休会
1 入会
本会主旨に賛同し入会するときは、入会届け・入会金・会費の諸手続き完了することにより会員の資格を得ることができる。
2 休会
やむを得ない事由により休会する場合は、その旨を会長に申し出なければならない。休会の承認を得られれば、会費を免除するものとする。
第16条 退会勧告及び除名
会員が次の事項に該当する場合、会長は幹事会の承認を得て退会を勧告し、又は除名することができる。
1、 本会の名誉を著しく毀損したとき。
2、 本会規約に違反したとき。
3、 本会規約による会費を3ヶ月以上滞納したとき。
4、本会の運営等に協力しないとき。(但し、幹事会で認めた場合は考慮する。)
第6章 会 計
第17条 経費
本会を運営するに必要な経費は次の収入を持ってこれにあたる。
1、 本会加入者の会費等
2、 事業収入
3、 公共団体等の補助金
4、 寄付金その他の収入
第18条 会計年度
本会の会計年度は,毎年4月1日に始まり翌年3月末日までとする。
第19条 予算及び決算
本会の予算は幹事会において原案を作成し総会の承認を得なければならない。
年度の決算は監事の承認を得た後、幹事会及び総会に報告しなければならない。
第20条 会費
第19条第1項の会費等の金額については別に定め、会費等に関する規定によるものとする。
第7章 雑 則
第21条 規約の改正、改廃
この規約を改正又は改廃しようとするときは、幹事会の承認を得て決定する。
第22条 委任
本会運営に必要な事項は幹事会により別途必要に応じ定める。
この規約は平成29年 月 日から施行する。

9月の 稽古休みの日

9月の稽古休みは

      19日(火)
      23日(土)
      24日(日)
      29日(金)
      30日(土)

7月の稽古休み

6月30日(金)の稽古は、柔道団体が7月1日(土)の柔道大会の準備のため休みです。

7月の稽古休みは、下記の通りです。

         1日(土)
       
         9日(日)
        
        18日(火)
      

少年少女練成大会について

本年度の県連の行事であります少年少女錬成大会及び実技指導者講習会を以下のように開催しますので、ご案内致します。
つきましては各団体メンバーの方にご案内いただき、ご参加いただきますようお願いい
たします。

①日時:7月2日(日)13:00~16:00
     13:00~14:00 少年少女練成大会
     14:30~16:00 実技指導者講習会
   (11:30~12:30 に昼食を取りながらの理事会を予定していますので、理事の
方は、早めにお越し下さい。)
   (また、稽古終了後は、『灘菊』で懇親会(17:00~)を予定しています。)

②会場:兵庫県立武道館 第一道場

③指導講師:合気会本部 桂田英路師範(六段)

参加希望者は、6月23日(金)までに申し出てください。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。